日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2012年12月10日月曜日

Android:画面をタッチすると時間更新の実施と停止を切り替えられる時計

早速Androidの入門として、時計のアプリケーションを作成してみました。

ただ単純に時計を作ってみても面白くないので、スマートフォンやタブレット端末の特徴であるタッチ操作を取り入れてみました。画面をタッチすると時間の更新を停止します。もう一度画面をタッチすると時間の更新を再開します。



 
動画(1):タッチ動作なし時の動作


動画(2):タッチ動作あり時の動作

ソースコード:
全ソースコードはgithubからダウンロードできます。
github:https://github.com/u-pa/android_clock

中心的なソースコードを以下に記載します。


package com.example.du_clock;

import android.os.Bundle;
import android.app.Activity;
import android.view.Menu;
import android.view.MotionEvent;
import android.view.View;
import android.widget.TextView;
import java.util.Calendar;
import java.util.TimerTask;
import java.util.Timer;
import android.os.Handler;

public class MainActivity extends Activity {

/*
* 現在時刻の更新状態
*/
enum State
{
Start, /* 実施 */
Stop, /* 停止 */
}

State st = State.Start;
Timer timer_clock = new Timer();

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
     
        timer_clock.schedule(new TimerTask_Clock(), 1000, 1000);
    }

    @Override
    public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
        getMenuInflater().inflate(R.menu.activity_main, menu);
        return true;
    }

    @Override
    public boolean onTouchEvent(MotionEvent me) {

    /*
    * 画面のタッチにより、現在時刻の更新の実施と停止を切り替える
    */
    if ( me.getAction() == MotionEvent.ACTION_DOWN )
    {
    View v_start, v_stop;
    v_start = findViewById(R.id.text_start);
    v_stop = findViewById(R.id.text_stop);


    if ( st == State.Start)
    {
    st = State.Stop;
    v_start.setVisibility(View.INVISIBLE);
    v_stop.setVisibility(View.VISIBLE);
    }
    else
    {
    st = State.Start;
    v_start.setVisibility(View.VISIBLE);
    v_stop.setVisibility(View.INVISIBLE);
    }
    }

    return true;
    }
 
    Handler handler_clock = new Handler();
 
    public class TimerTask_Clock extends TimerTask {

@Override
public void run() {
handler_clock.post(new Runnable() {
public void run() {
/*
* 現在時刻の更新
*/
if ( st == State.Start ) {
Calendar calendar = Calendar.getInstance();
   
    int hour = calendar.get(Calendar.HOUR_OF_DAY);
    int minute = calendar.get(Calendar.MINUTE);
    int second = calendar.get(Calendar.SECOND);

    TextView v_timer;
    v_timer = (TextView) findViewById(R.id.text_timer);
    v_timer.setText(hour + ":" + minute + ":" + second);
}
}
});
}
   
    }
}



このプログラムでは1秒ごとに実行されるタイマを使用しています。タイマの使い方は少しわかりずらいかもしれませんが、タイマの使用方法がわかれば、いろいろなアプリケーションに応用できますね。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...