日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2012年12月16日日曜日

HDDをSSDに換装する

私がノートパソコンやデスクトップパソコンのHDDをSSDに換装するときに使用したデータコピー用の接続ケーブルはコレです。

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA


私が購入したのはIntelのSSDだったので、Intelのデータコピーツールを使用して丸ごとデータをコピーしました。

Intel® Data Migration Software




この組み合わせでデータコピーを実施したところ、今まで試したすべての環境で問題なくデータコピーが完了できました。

データを丸ごとコピーすれば、あとは物理的にHDDをSSDに交換すれば、SSDから今まで使っていた環境でOSが起動してくれるので、非常に便利です。


ただ、Intel Data Migration Softwareのコピー先のパーティションサイズの設定で、手動によるパーティションサイズ設定でコピーを行おうとすると、コピーが実行できなかったので、移行先にあわせてパーティションサイズが自動的に決定される方式でコピーを行いました。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...