日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年3月21日金曜日

Google製のWebページのキャプチャ用Chromeプラグインを使用してみたが、巨大なページを保存するとエラーが発生してしまう

Webページのスクリーンキャプチャ(Webページを画像として保存する)の方法はいろいろありますが、私はChromeに、Googleが制作したWebページのスクリーンキャプチャプラグインを導入しています。

拡張機能Screen Capture (by Google)
https://chrome.google.com/webstore/detail/screen-capture-by-google/cpngackimfmofbokmjmljamhdncknpmg




このプラグインを使用することで、Windows標準のプリントスクリーンでは実現できない、Webページのスクロールしないと見えない部分も一つの画像としてキャプチャすることができます。


Chromeで見たWebページ

「Screen Capture (by Google)」によってWebページ全体をキャプチャした画像

左のChromeで見たWebページでは画面にページ全体が表示できておらず、スクロールしないと画面全体が見えない。したがって、Windows標準のプリントスクリーンでは、何度かに分けてページをスクロールさせてWebページのキャプチャを撮り、キャプチャ画像を合成する必要がある。

右は「Screen Capture (by Google)」によってWebページのキャプチャを取得したもの。スクロールが必要な大きなページでも一度に一枚の画像としてキャプチャできる。


このプラグインの何よりの利点は、Googleが制作したプラグインとしての安心感がある点ではないでしょうか。

私が以前投稿した記事「ブログを読みやすくするためにデザインを変更してみました。(Before/After)」もこの「Screen Capture (by Google)」によって、Webページのキャプチャを取得したものです。

ブログを読みやすくするためにデザインを変更してみました。(Before/After)
http://upa-pc.blogspot.jp/2014/03/beforeafter.html


さて、このツールは非常に使いやすく、便利なのですが、困ったことに巨大なWebページをキャプチャするとエラーが発生してしまうようです。(※1)(※2)

※1
動作確認バージョンは以下のとおりです。

Screen Capture (by Google) 5.1.4

※2
たとえば私のブログのトップページの全体をスクリーンキャプチャして保存しようとするとエラーになります。(この記事を投稿する前の私のブログのトップページにて確認。)


ページ全体のキャプチャを取得した後、「Save」ボタンを押すことで発生したエラー


従って、残念ながら巨大なWebページをキャプチャしようとして上記のエラーが出た場合には、他のキャプチャソフトなどを用いるか、分割してキャプチャして画像を合成するしかないでしょう。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...