日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年8月23日土曜日

Chrome:クラッシュした時に開いていたページを復元しようとしたが復元されなかった

イントロダクション

Chrome を使用していて、クラッシュした時に開いていたページを[復元]によって復元しようとしましたが、復元できなかったのでその時のことをここにつづります。

環境

Windows Vista Business 64ビット
Google Chrome バージョン 36.0.1985.143 m

現象

Chrome を使ってブラウジングをしていた時のことです。

この時、いろいろなページを参考のために開いていたために Chrome のウィンドウとして 15 個、それぞれのウィンドウで 2~10個程度のタブを開いていました。

あるウィンドウを閉じた瞬間、システム全体がフリーズしました。しばらく待っても操作できる状態にならないために、電源ボタンを押してシャットダウンしました。(電源ボタンを長押しではなく、触った瞬間に本体の電源が落ちる)

その後、Windows を立ち上げ直して、Chrome を起動し直しました。
Chrome では、Chrome がクラッシュした時に開いていたページがあると、ウィンドウの上部に「Google Chrome は前回、強制終了されました。過去にアクセスしたページをもう一度開くには、[復元]をクリックします。」と表示されます。この時に、[復元]をクリックすると、Chrome がクラッシュする前に開いていたページが全て復元されて表示されます。

今回も[復元]を押して、Chrome がクラッシュする前に開いていたページを復元しようとしたのですが、待てど暮らせどページが復元されず、最初に開いた空のページの Chrome が表示されるのみです。

最初にウィンドウの上部に表示されていた復元のためのメッセージは[復元]ボタンを押してしまうと消えてしまうため、再度[復元]ボタンを押すことができません。

そのため、[復元]ボタンによる復元を諦めました。

[復元]ボタンで復元できなくならないように試したいこと

Chrome を立ち上げた直後に[復元]ボタンをすぐに押しました。

この時、Chrome を立ち上げた直後だったので、少し(いろいろと処理が走っていて)重たいなという印象がありました。

そのため、今後は Chrome を立ち上げた後に少し時間をおいて、処理が落ち着いてから[復元]ボタンを押してちゃんと復元できるかどうか見てみたいと思います。

追記:試してみました。
→ Chrome:クラッシュからのページ復元続報:復元したくても、復元のための通知がすぐに消えてしまう

[復元]ボタン以外の復旧方法を試してみました
→ Chrome:[復元]ボタンでクラッシュ前に開いていたページを復元できなかったため、最近使ったタブで復元した




関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...