日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年3月25日火曜日

メーラーに欲しいと思う機能:どこまでメールタイトルを確認したか

私が次にメーラーに欲しいと思っている機能は、どこまでメールのタイトルを確認したかという機能です。

なぜか?

お知らせメールや広告メールなどを大量に受診していると、メールのタイトルを見て中身を読むか読まないかを決めることが多くなります。

私の場合、お知らせメールや広告メールを受診した場合には、そのタイトルを見て必要がありそうならば中身を見ますが、中身を確認する必要がなさそうであれば、中身を見ずに放置することになります。
(お知らせメールや広告メールをすべて見るには、あまりにも時間が足りないのです。)

未読が溜まったメーラーの画面


メーラーの場合、メールの未読/既読は画面上に表示してくれますが、そこまでタイトルをチェックしたかは、自分自身で管理する必要があります。

私の場合、最後にタイトルをチェックしたメールを選択状態にしておき、それ以降に受診したメールからタイトルチェックを再開します。

ここで問題となるのは、いったんメーラーを閉じたり、別のデバイス(他のPCやスマートフォンなど)でメールをチェックすると、どこまでメールのタイトルをチェックしたのかわからなくなってしまいます。

その結果、まだタイトルを確認していないメールを見過ごすことにつながる可能性があります。


そこで

メールの属性に、タイトルをチェックしたかどうかというフラグがあれば、上記の問題を解決できると思います。

そのとき、わざわざ1通ずつメールのタイトルをチェックしたかどうかをフラグ付けするのは大変なので、受診したメールを選択状態にすると、それ以前に受診したメールは全てタイトルチェック済みとなると、手間が省けていいと思います。


まとめ

  1. 大量のメールを受診するようになったため、タイトルで読む必要があるかどうかをチェックしている
  2. そのため、メールのタイトルをチェックしたかどうかを判定するための属性がメーラーに欲しい。
  3. メールのチェック済み判定は、メールタイトルが選択されたことを契機として、それ以前のメール全てをメールタイトルチェック済みとする。



どうでしょうか?
こんな機能、欲しいと思いませんか?





関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...