日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年6月21日土曜日

休止から復帰するとFirefoxがフリーズしている問題に一筋の光が:特定のスクリプトが実行されているとフリーズする?

イントロダクション

記事「Firefox:休止状態から復帰するとCPUとメモリを大量に消費したままフリーズしている」にて、パソコンを休止状態から復帰すると、Firefox がフリーズしている問題について記載しました。

このパソコンを休止状態から復帰すると、Firefox がフリーズしている問題ですが、特定のページのスクリプトが動いている状態でパソコンを休止状態にして、復帰させると、Firefox がフリーズしている可能性が浮上してきました。




環境

この現象の環境は以下のとおりです。




特定のスクリプトが実行されているとフリーズする?

Google ドライブのスプレッドシートを Firefox で開いた状態でパソコンを休止し、復帰させたところ、以下のメッセージが表示されました。

警告:応答のないスクリプト
このページのスクリプトは庶路に時間がかかっているか応答しなくなっています。今すぐスクリプトを停止するか、このまま処理を継続させるか選択してください。
スクリプト:https://docs.google.com/static/spreadsheets/clicnet/js/*-trix_waffle_i18n_core__js.js:3
※ * は伏字


Google ドライブのスプレッドシート用の JavaScript が応答しなくなったようです。
この状態で、処理を続行やスクリプトを停止、×で閉じるなどの操作をしようとしても、そのままフリーズしてしまい、操作不能に陥ります。そして、Firefox 全体がフリーズしてしまいます。


もしかしたら、Google ドライブのスプレッドシートを開いた状態にしておくと、休止状態からの復帰時に Firefox がフリーズしてしまうのかもしれないと思いました。そこで、今後は Google ドライブのスプレッドシートは開いておかないでパソコンを休止状態にして、復帰させてみると、Firefox はフリーズしていませんでした。


なぜ、Google ドライブのスプレッドシート用の JavaScript が応答しなくなるのかは不明ですが、とりあえず、パソコンの休止からの復帰時に、Firefox がフリーズして困っている人は、休止前にGoogle ドライブのスプレッドシートは全て閉じてから休止にすると良さそうです。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...